着物の選び方

シーンで選ぶ

どのようなシーンで、どのような着物を着ればいいのでしょうか?わかりやすくお答えします。

 

結婚式

本人 振袖 白無垢 色打掛
母親 祖母 叔母 媒酌人 留袖
姉妹(未婚) 附下(訪問着)振袖
姉妹(既婚) 留袖 色留袖
従姉妹 ご友人 同僚(未婚) 振袖 附下(訪問着) 色無地
従姉妹 ご友人 同僚(既婚) 附下(訪問着) 色無地

 

結納

本人 振袖 附下(訪問着)
母親 ご媒酌人 附下(訪問着) 色無地

 

七五三 お宮参り

母親 附下(訪問着) 色無地
祖母 色無地

 

成人式

本人 振袖

 

入学式 卒業式

母親 附下(訪問着) 色無地

 

各種パーティーなど

本人(未婚) 振袖 附下(訪問着) 色無地
本人(既婚) 色留袖 附下(訪問着) 色無地

 

男性物

モーニング 紋付袴 略礼装

 

 

着物で選ぶ

留袖

着物の中で最も格が高いミセスの慶事の第一礼装です。結婚式などの正式な場で着用されます。

 

色留袖

結婚式や目上の方の祝賀会等で着用されます。5ツ紋が入った色留袖は第一礼装。3ツ紋や1ツ紋は略礼装となります。

 

附下(訪問着)

未婚・既婚を問わず着ることのできる社交着で、披露宴やパーティ・入卒園式や入学式・卒業式などの、よそゆきのきものとして着用されます。

 

振袖

留袖と同様に、着物の中で最も格が高い未婚女性の第一礼装です。成人式だけではなく、結婚式へのおよばれ、祝賀会などにも着用されます。

 

色無地

入卒園式や、入学式・卒業式、正式なお茶会などで着用されます。一ツ紋が入っているものが一般的です。

 

白無垢

白い掛下に白い打掛を羽織り、帯や小物に至るまですべてを白一色で統一した装いのこと。室町時代ごろに始まった、最も古い婚礼衣装、日本の伝統和装です。

 

打掛

華麗な刺繍や織り模様を施した打掛は、息を飲むばかりの華やかさ。おめでたい日にぴったりの装いです。

白無垢同様、式服として使用することができますが、挙式は白無垢で行い、披露宴で色打掛に着替えて、両方の装いをすることが多いようです。

 

紋付 袴

和服における男性の第一礼装です。式典などの格式を重んじる行事に着用されます。

 

モーニング

昼間に催される、格式の高い式典やパーティや結婚式などの主役及び主催者とそれに準ずる場合の装いに着用されます。

 

略礼服

略礼服は昼夜を問いません。『 平服で 』という指定をされたらこれ。指定を無視すると雰囲気を壊すのでNGです。